女性に多い脱毛症の原因

女性の脱毛症症状の原因

現代は、脱毛に悩んでいるという女性が増えてきている傾向にあります。脱毛症にはいくつかの種類があり、それぞれ原因や対処法が細かく異なってくるので、正しい知識を持っておきましょう。
全体的な主な原因として、血行不良やホルモンバランスの乱れを挙げることができます。日々の生活で蓄積したストレスやそれによる睡眠不足、ダイエットや栄養不足などの食生活の乱れなどの生活習慣が影響していると考えられています。これはどの脱毛症にも何らかの影響を及ぼしていることが多いです。
多く見られるものとしては、全体的に髪の毛が薄くなってしまうびまん性脱毛症や、円形に小さく脱毛してしまう円形脱毛症があります。また、妊娠から出産にかけてホルモンのバランスが乱れることにより起こる分娩後脱毛症というものもあります。これらは、頭皮の血行を良くしたり、ホルモンバランスを整えることで改善されることがあります。多くの場合、医師に診てもらい治療していきます。
また、牽引性脱毛症というものがあり、これは髪の毛を長期間きつく結んだり引っ張ったりすることで起こります。これは、ヘアスタイルを変えたりして、頭皮と髪の負担を減らすことで防ぐことができます。
その他にも、フケが毛穴を塞いでしまい起こるひこう性脱毛症、皮脂が毛穴を塞いでしまうことで起こる脂漏性脱毛症があります。これらも、気づいたらできるだけ早く専門医に診てもらいましょう。
抜け毛が多くなったような気がする、地肌が目立つようになった、髪が細くなったというような時は気をつけましょう。早めに対処することで、症状を抑えることができます。生活習慣を見直したり、専門医に相談することで早めの治療を心がけましょう。

女性の脱毛症の治療法方

女性の脱毛症の中でも広い範囲に均等に病変が起こり、全体の毛が抜けて薄くなる、びまん性脱毛症は、老化やストレス、極端なダイエットが原因で発症します。男性型脱毛症と同じように休止期の毛の割合が多くなるため、抜け毛が増えていきます。
治療法としては、育毛剤や生活習慣の改善が有効です。育毛剤では、血管拡張剤や栄養剤などのホルモン剤以外の薬剤が使われることが多いです。男性型脱毛症で使用される育毛剤では、女性に使うことができないタイプもあるため、女性用とされている育毛剤を使うようにします。
女性の身体は、デリケートにできているため、不安や悩み、ちょっとしたイラつきでもホルモンバランスが乱れます。ホルモンバランスが乱れることで、一時的にですが、男性ホルモンの分泌が増え、抜け毛や薄毛の症状が現れることがあります。
生活習慣の改善では、ストレスやダイエット、過度のヘアケアなど女性の髪にとって大きな負担となることを除くようにします。治療を受けても負担を除かない限り、発毛効果は得られにくいからです。さらに、不規則な食生活や偏った栄養バランス、睡眠不足などが当てはまる場合には、より発症しやすくなります。
特に若い女性に多いのが、栄養失調状態になるまでダイエットを行う人です。毛の組織も栄養失調に陥ります。栄養が不足すると身体は生命維持に必要な器官から栄養を回していくため、成長期の毛を維持できずに休止期の毛が増え抜け毛が増えていきます。まずは、1日3食バランスの良い食事を摂る事から始めます。栄養のある食生活に正したら頭皮マッサージで血行をよくします。血行をよくすることで、血の巡りを充分にさせ、栄養が髪まで行き渡るようになります。

女性の脱毛症の予防方法

女性の脱毛症の予防方法としては、ヘアケアの見直し、食生活の見直しや十分な睡眠、ストレスを溜めないなどといったことがあげられます。
髪の毛を育てるためにはバランスよく栄養をとることが大切ですから、ダイエットなどを行ったり、偏食したりすると栄養が不足してしまいます。髪の毛を作るためにタンパク質をとったり、成長に必要なビタミンやミネラルをとったりすることは大切です。体の機能を正常に働かせるためにも、栄養バランスの良い食事を心掛けましょう。
髪は寝ている間に作られますので、十分な睡眠をとることも大切です。夜更かしなどもよくありません。質のよい睡眠を適切にとれるよう工夫をしましょう。
ストレスは髪の毛にも影響を与えます。ストレスは円形脱毛症などの原因にもなりますし、更年期の症状を重くする原因にもなります。過度のストレスは自律神経やホルモンバランスの乱れの原因になりますし、それが脱毛症の原因にもなりますので、ストレスを溜めないように適度に発散するよう心掛けましょう。
ヘアケアも脱毛症には関係します。やらなすぎるのもよくないですが、やりすぎも脱毛症に繋がります。洗髪は1日1回を限度として行うようにしましょう。シャンプーは洗浄力の高い刺激の強いものより、刺激の少ないタイプのほうが頭皮には良いです。皮脂が過剰な方でも、取り過ぎによる過剰分泌の結果かもしれませんので、洗浄力の高すぎるシャンプーはよくありません。マイルドな洗浄力のシャンプーを使って優しく洗うほうが頭皮には良いです。すすぎも重要ですから、しっかりすすいで頭皮に残さないようにしましょう。トリートメントやリンスは頭皮になるべくつけないようにし、しっかりとすすぎましょう。ヘアカラーのしすぎやパーマのあてすぎ、整髪料の使い過ぎもよくありません。ヘアケアが過剰にならないよう、心掛けましょう。
■AGA治療薬
ロゲインでフサフサ育毛計画